X-T30 CP +

2019年のCP +が今月の2月28日から開催される。

おそらくは過去開催以来一番の来場者で賑わうはずだ。

来場人数は天気で左右されるので、おそらくとしか言えないが。。。

富士フィルムは中判センサーの新型機も注目されるところだが、

多くのファンやユーザーを抱えるAPS-CセンサーのXシリーズの新型機、

X-T30の登場が期待されている。

このカメラはすべてのバランスを考えても、

フィルムカメラからの初めてのデジタルカメラとして、

コンパクトデジカメからの初めてのレンズ交換式カメラとして、

一眼レフデジタルカメラからの初めてのミラーレス一眼カメラとして、

最高のバランスだと思う。

フィルムカメラのクラシック感とフィルムでの表現が好きな人にも、

このカメラのデザインとフィルムシミュレーション機能とモノクロの表現力は

好きになるはずだ。

コンパクトカメラの機動性とサイズが好きな人にも、

小さなボディと多くのコンパクトな交換レンズ群は気にいるはずだ。

一眼レフデジタルカメラの最先端技術を使った表現に魅力を感じる人にも、

富士フィルムはいつでも全力投球で、

フラッグシップ機の最先端技術をできる限りこのクラスに投入してくる。

フラッグシップ機と同じ専用現像ソフトウェアなどにも対応してくるはずだし、

このクラスにも、1年後などでもファームアップで機能拡張してくれる。

バッテリーも現在のフラッグシップ機と同じになるはずなので、

フラッグシップ機に乗り換える時にも便利だし、

それよりもフラッグシップ機と同じバッテリーだという事は

機種の不自由なく使えるボディ寿命が長いと考えて良い。

デザインと機能、性能を考えると2019年新製品で価格の同等のカメラを比べた時に、

一番長く使っていて不自由のないカメラになるでしょう。

おそらくレンズキットになるXC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZも、

他社のレンズシステムにはない魅力的なレンズで、

小型軽量の手ぶれ補正機能付き標準ズームでフルサイスセンサー換算でワイド側が22.5mmだという事。

静音モーターで低価格な事。

他社の標準ズームはワイド側は28mmか24mmで、この少しが大きな表現の違いになる。

他社製のシステムを使ってるハイブリットクリエイターのサブカメラにもいいのではないか。

動画撮影30分制限なしになるのか。

USB-C給電が可能になるのか。

F-log、フィルムシミュレーションETERNAが搭載されるのか。

発表が楽しみだ。



b0321407_07213232.jpg

FUJIFILM X-Pro2 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS







人気ブログランキング
# by X-T1 | 2019-02-08 06:55 | カメラ 旅 | Comments(0)

信楽の飯炊き用の土鍋

飯炊き用の土鍋

米が美味しいと幸せになれる

信楽狸八相縁起

今日は「信楽たぬきの日」だそうです。

b0321407_06112872.jpg

FUJIFILM X-Pro2 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS







人気ブログランキング
# by X-T1 | 2018-11-08 06:55 | 美味しいもの | Comments(0)

Capture One Express FUJIFILM

Capture One Express FUJIFILMが無料で提供されている。

今後のCapture Oneソフトウエアアップデートでは、

富士フイルム独自の色を再現するフィルムシミュレーションへの対応も予定されているという。

楽しみだ。

b0321407_10215855.jpg

FUJIFILM X-Pro2 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS






人気ブログランキング
# by X-T1 | 2018-10-24 10:44 | カメラ 旅 | Comments(0)
昨日からFUJIFILM X-T3が発売されました。

APS-Cサイズセンサーを生かした素晴らしいカメラです。

富士フィルムの全力投球は気持ちがいい。

センサーサイズが小さいフォーサーズだから出来たことを、

同等の価格帯でやってのける企業努力と開発関係者様には頭が下がります。

手ぶれ補正ユニットは入れなかったのではなく、入れれなかったのだろう。

熱問題などで、他の機能を優先したのだと思う。

そこは今の所、光学式手ぶれ補正付きのレンズやX-T1で対応して欲しいということでしょう。

外見はクラシックなスタイルでのんびりと写真を撮るのにはうってつけ。

そうかと思えば決定的瞬間も逃さない最先端のAFとシャッターが組み込まれていて、

プロフィッショナルフォトグラファーが一線で使えるカメラなのです。

それだけではなく、野外の過酷な環境でも耐えうる防滴防塵。

これは写真の世界だけではなく、ムービーの世界でも言える。

動画専用カメラをつくっていない富士フィルムだから出来ること。

だからと言って、動画専用レンズは長年つくっていて、

ムービー用のフィルムの歴史も長い。

ミラーレスカメラに、本気で動画カメラ機能を注ぎ込んできました。

これから本気で動画を撮りたいクリエイターには

X-T3

このカメラ単体で4K 60Pが内部収録できます。

フジの色表現力だでけでなく、フォーサーズセンサーよりも、

高感度に強く、ボケを楽しめる。

本格的に機材を揃えていった場合にも

MKXレンズがありますし、

atomsなどの外付け収録機材も使えば、

4K 60P 4:2:2 10bitで収録できて、

X-T3の内部SDカードにもFHDや4Kで同時収録でバックアップできます。

お散歩から、第一線の撮影現場まで。

まさにモンスター。

これがこの価格で手に入るのは凄い。

しかし、4K 60P 10bitを扱うには周辺機器もバージョンアップしなければならない。

FHDの4:2:2 10bitだけでも十分に満足なんですがねぇ。





秋から春へと本格的に節約生活に入ることにします。



b0321407_05324132.jpg

FUJIFILM X-Pro2 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS












b0321407_05325338.jpg
FUJIFILM X-Pro2 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS





人気ブログランキング
# by X-T1 | 2018-09-21 06:55 | カメラ 旅 | Comments(0)

大井町 美竹のとんかつ

かつ丼を食べようかと、うかがいましたが

ランチのとんかつ定食が900円と頑張っているので、戴きました。

地元の方々で賑わっている素敵なとんかつ屋さんです。

次回は一杯やりながら、

かつ丼、つばきポークの分厚い上ロースとんかつなど戴こうと思います。

b0321407_07262194.jpg
FUJIFILM X-Pro2 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS










b0321407_07262262.jpg
FUJIFILM X-Pro2 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS








人気ブログランキング
# by X-T1 | 2018-09-15 06:55 | 美味しいもの | Comments(0)

X-T1購入記念にブログをはじめた。趣味のことやハレごとなど気の向いた時になんでも。


by una10